<< 酉の年 | main | プレゼント >>

おみくじ

お正月は熱海温泉から東京へ行き

 

初詣は明治神宮へ行ってきました。

 

 

そこでおみくじを引いてみたところ

 

一風変わったものでした。

 

 

「人ごとのよきもあしきも心して

     きけばわが身の為とこそなれ」

 

大御心(おおみごころ)といって

 

短歌がかいてあるだけです。

 

一般的な「大吉」「凶」というものは書いてありません。

 

なので明治神宮のホームページを見てみました。

 

それによると、明治神宮は戦前は国の管理におかれていたので

 

お札はあったけど、おみくじはなかったそうです。

 

でも戦後に一宗教法人となりおみくじを出すことにしたようです。

 

その際に、一般的なものよりすこし趣の異なったものをと

 

言うことで、このようなものになったとの事。

 

この短歌は明治神宮に祀られている明治天皇と昭憲皇太后が

 

読んだもので、その中の人倫道徳を指針とする教訓的なものを

 

30首選び、それに解説文を入れて昭和22年のお正月から

 

授与するようになったそうです。

 

私が引いたのは昭憲皇太后の歌。

 

裏に書いてある解説には

 

「世間の人の言葉は、良いことも悪いこともさまざまと

 

耳に入って来ますが、これを注意して聞けば、すべて我が身の

 

ためになります」

 

と書いてありました。

 

周りの人の言うことを注意して、自分の為とおもって

 

聞きましょうって事ですね。

 

 

おみくじで「吉」だ「凶」だと一喜一憂するのも

 

いいですけど、こういう短歌をもらってこの1年の

 

指針とするのも、なかなかいいものだなぁと思えた

 

初詣でなのでした。

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM