<< 病棟の日々  | main | どうしたアマゾン >>

笑えたこと

思い込むというのは、ほんとうにすごいもので

 

先日、きょう茶が

 

「冷蔵庫のポケットのところにペットボトルの

 

お茶があるからとって」

 

といいました。

 

私はお茶なんかあったかなぁ??と思いながら

 

探したけど、やっぱりない。

 

閑:「ないよ」

 

き:「あるわ。ように探せ」

 

 

そして・・探さずともやつの勘違いが発覚

 

やつはこれを見てお茶だと思い込んでいたのです。

 

(ビオリコの後ろの緑のやつ)

 

でもこれは本当は

 

 

「ぶっかけそうめんのつゆ」なのでした。

 

 

閑:「飲むぅ?わらう

 

き:「いらんわもやもや

 

緑色というだけでお茶だと勘違いし

 

お茶かどうか確かめもせず

 

いつか飲もうと思っていたのです。

 

 

そして思い出しました。

 

過去に彼が描いた作品を・・・

 

自分の記憶だけを頼りに描いたガチャピン

 

緑という色が、かろうじてガチャピン感を

 

かもしだしているだけ・・

 

きょう茶が「緑」に対しての反応がすごい人間

 

なのだなと最近知りました。

 

 

(しかし笑える爆笑

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
年寄り感がどんどんリアルになる。
脳が固くなっとるんじゃろな。
一歩間違えば頑固者。
すべて許されるのは、
一緒に笑えることじゃな。
やつは笑ろーたはずじゃ。。。
  • マル
  • 2017/02/26 4:48 AM
マルさん

確かに笑いましたねぇ(&#3665;&#707;&#821;&#7447;&#706;&#821;)
その後に
「茶じゃなかったんか(-_-)」て
言ってました。
ほんとに色んなところで
年取ったなぁと実感してます。
2人ともですが(^^;)
  • 閑楽堂2
  • 2017/02/26 8:02 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM