<< KOKORO | main |

治療の事

抗がん剤の治療も日帰りでできるようになってます。

 

外来科学療法室というのがあり、そこで点滴してもらいます。

 

 

先生はこの治療の事を「チェアー」と呼んでました。

 

このチェアーも予約制で、いつもいっぱい。

 

時間通りにいっても待たされることもありました。

 

 

初めて行ったときに、何故チェアーと言うのかがわかりました。

 

点滴してもらう為に座る椅子が、けっこうでかい・・

 

ゆったり座れてリクライニングも出来る・・

 

それぞれに小型のテレビも付いている・・

 

 

この豪華な椅子を指して「チェアー」というのだなと思いました。

 

 

チェアーは20台ほどあるのだけど、今日は空いてるなぁと

 

思う時はほぼなかったです。

 

それだけその治療をする人が多いと言うことですね。

 

 

そこで毎回、3時間、抗がん剤を含む何本かの点滴をうけるのです。

 

私はいつも爆睡でした。

 

終了して帰るときは、まだ歩いて帰れるのだけど

 

翌日になると、副作用がやってきて、また苦しい日々の始まり。

 

こんなことを6回

 

 

今になりこうやって話すこともできますが、その時は

 

苦しいけど仕方ないと思いながらも、病院が見えてくると

 

精神的ダメージがあり涙がポロッとでてしまうのでした。

 

 

 

 

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM